STFの本格的なキックボクシングレッスンでダイエット・ボディメイク。

キクササイズ(kixercise)とキックボクシング(kick boxing)の違いについて

ホーム

キクササイズ(kixercise)とキックボクシング(kick boxing)の違いについて

会員さんや体験に来られた方から、キクササイズと呼ばれているダイエットキックと、キックボクシング(ムエタイ)の違いについてよく聞かれます。

今回、折角の機会なので、そんな皆さんの疑問に応えてみたいと思います。

キクササイズとは?

別名キックボクササイズとも呼ばれており、キック・ボクシング・エクササイズを掛け合わせた、ボクササイズから派生した造語になります。

これを端的に説明すると、キックボクシングの要素を取り入れたダイエット目的のエクササイズで、有酸素運動と無酸素運動を交互に行うことが脂肪燃焼に最も効果的(諸説ありますが)と言われていた時代に爆発的人気となりました。

最近では、HIIT(High-intensity interval training)に代表される高強度無酸素運動がダイエット系エクササイズの主流となり始めているため、その人気も少し落ちついている様です。

とはいえ、あまり運動が得意でない方でもリズムに乗って楽しくダイエットが出来るということで、今でも少なからず愛好者はいます。(Nintendo Switchなどでも人気ですよね)

私がアメリカで選手兼トレーナーをしていた時代は、丁度人気が加速していた頃で、恥ずかしながら私も、キクササイズインストラクター(爽やか金髪マッチョ)が怪我した際に一か月ほど指導をやらされていました。(爽やかじゃないツルピカマッチョ)

当時私が担当していたムエタイクラスの倍以上の受講者が来ていて、何とも複雑な気持ちでした。(レオタードとか着てませんからね)

話が少し外れたので元に戻すと、






キクササイズは続ければダイエットにも健康にも良いのですが、先に述べたようにキックボクシングの要素をエクササイズに落とし込んでいるだけなので、決して強くはなれません。

これは断言出来ます。

格闘技としてのキックボクシング(ムエタイ)とは?

キクササイズに比べて強さを第一義としているため、強くなるために必要な武技を修得していきます。
プロ選手であれば、それはそれは辛く厳しい修行が待っていますが、一般クラスでは心身ともに強くなるトレーニングを楽しく学ぶことが出来ます。

その結果として、脂肪が燃えて肉体改造されていけば、一石二鳥ということですね。

~まとめ~

キクササイズは痩せるためのトレーニングで、キックボクシング(ムエタイ)は強くなるためのトレーニングでありながら、やっていると結果痩せるというものです。